【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【11.クリアー塗装】

カーモデルのお楽しみ(?)、ボディのクリアー塗装をしてみました。 雑誌・ネットに情報は溢れているものの自分でやるのは初めてなので中研ぎ出来るまで何度クリアーを吹けばいいのか等よく分からない状態でスタートでしたがなんとかデカールを溶かさずにクリ…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【10.ベース2】

木枠に合わせてスタイロフォームを加工。情景素材で地面の凸凹を付けるのは大変なのでスタイロフォームに車が通過した轍に見えるように削ってみました。 完成イメージとしてはこんな感じ。 地面の1層目はタミヤの情景テクスチャーペイントのダークアース。も…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【9.シャシー】

先週は大雨で大変だった秋田県ですが日曜午後にも雨も落ち着いて呑気にインプレッサを作っていたら心配の電話をもらうなどしてサーセンという感じでした(流石に市内の別地域の避難指示のエリアメールがバンバン届く日はプラモ作ろうという気分にはなりません…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【8.デカール】

キットはRACラリーのデカールですがシュンコーモデルのデカールを使用して1000湖ラリー仕様にします。 目立つ黄色い555はドイツ戦車よろしく第5中隊第5小隊第5号車の所属であることを示す番号ではなくラッキーストライク等のタバコで有名なブリティッシュ・…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【7.内装3】

ドライバーを載せるのでシートにつながる部分だけキット付属のシートベルト用のパーツを使いました。 バックルに帯を通すがのがかなりイライラ棒でしたがコツを掴むとあっさり出来ました。 1/24だから1/35の兵士の顔より楽に塗装できるかなと思いましたが塗…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【6.内装2】

車体のデカール貼りを放置して内装を進めています。 椅子も裏側のカーボンぽい模様を網でマスキングして塗装。網タイツや忍者の鎖帷子っぽい塗装にも使えそうです。 足元の板はエッチング製。 エッチングは未塗装でそのまま接着。どうせ見えなくなるし。 こ…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【5.内装1】

内装がある程度完成しないとドライバーフィギュアをいじれないのでボディはほったらかしにして内装の組立て・塗装を進めました。 参考資料にしたラリーカーズのレストア車輌(1996年サンレモラリー)のダッシュボードを見るとエアコン吹き出し口がないのでエポ…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【4.塗装】

3月の展示会の後は1週間ほど模型を作る気がしなかったけれど今回はすぐに再開。 青もグレーより白の方が発色いいのかなということでクレオスのサーフェイサーホワイト1500で下地処理してみました。 まだ塗装しなくてもいいんだけれど我慢できずに調色したブ…

【イベント】東北AFVの会2017に遊びに行ってきた

宮城県仙台市で初開催ということで過去最高のエントリー数!! 最初の1時間は設置する人と見る人がごっちゃになってほとんど中に入れなかったので顔なじみの人と旧交を温めていました。 人混みの中でも最初はタミヤのMM新作のブルムベアをチェック。 情景部門…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【3.塗装準備】

ボディはモールドが浅いような気がしたのでデザインナイフ、ニードル等を使って深くしてからサフを吹いてみました。 ボンネット・トランクの隙間はいい感じに深くなったかも。ついでに未処理のパーティングラインも見つかりました。 ドアはもう少し彫っても…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【2.ベース1】

ベース作りの経験値を上げようという事で本体を作る前にベース作りです。 田舎のホームセンターでも木を斜めに切る枠が置いてあって思ったよりも安かった(税込み800円くらい)ので買ってしまいました。 19mm×19mmの桧材を4本に切断。最初に60cm売りされている…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 17.完成

2016年の夏に巨大なジオラマを見たことに影響されて作り始めた3号戦車H型(初期型)、木枠のベースとヴィネットサイズの地面を伴って完成です。 アオリで撮ると三号戦車でも迫力があるかな!? 36cm履帯用旧型起動輪にスペーサーをかませて40cm履帯用に対応、装…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 16.仕上げ-2

2017年の東北AFVの会まであと10日間ほどとなったので完成に向けて最後の仕上げに入りました。 戦車兵3体とハッチ類を接着固定しました。 砲塔内も微妙に再現されているけれどカメラでは暗くて映りませんでした... 荷物は塗装までしたけれど納得いく載せ方が…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 15.仕上げ-1

今年の東北AFVの会まで残り1ヶ月をきったので3号戦車を模型用ハイグレードセメダインでベースに固定しました。 乾燥後も透明になるし硬質プラスチック、金属、合成ゴムに使えるようなのでプラスチック同士じゃないパーツを接着する場合はこれでいいかも。 キ…

【1/24 ハセガワ】インプレッサ 1993 RACラリー【1.製作開始】

エアブラシを買ったのでカーモデルにも挑戦しようということで一番作りたい車、ハセガワの「スバル インプレッサ "1992年 RAC ラリー"」がちょうど再販されたので購入しました。 キットはRACラリー仕様ですが555のマークも入手したのでインプレッサのデビュ…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 14.フィギュアの塗装

タイトルはフィギュアの塗装ですが先に戦車の車体下部のウェザリングから写真スタート(笑) 調色スティックにつけたMr.ウェザリングカラーを筆で弾いて泥はね表現してみました。 フィギュアは「ドラゴンの第10装甲師団 第7戦車連隊 スモレンスク 1941」を使用…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 13.ベース-3

地面が出来たのでカトーのフィールドグラス緑色・明緑色を適当にブレンドし短くカットしてマットメディウムで接着して草原を表現します。 手順は調色スティックでマットメディウムをベースに盛ります。 フィールドグラスの明緑色と緑色を8:2くらいで束ねて7m…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 12.ベース-2

三号戦車用ベースの続きです。 スタイロフォームを木枠に接着。少し斜めに切ってしまって最大3mmほどの隙間が出来たので木工用ボンドで隙間埋め。 地面の一層目はマットメディウム目当てで購入したモーリンの土職人2号。 少し薄めになってしまったけれど全体…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 11.ベース-1

今回は木枠ベースに挑戦してみました。 参考資料はアーマーモデリング 2017年3月号の特集。 1cm × 1cmのヒノキ材と6cm幅のアガチス材で立ち上げ部を作成。素材が木材なだけでやることはプラモの合せ目消しと同じだったので思ったよりも簡単に出来た。 枠の補…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 10.塗装-4

車外装備品の塗り分けを行いました。 スコップと斧の柄はMr.カラーのサンディブラウンで塗装した後にMr.ウェザリングカラーのグランドブラウンで木目っぽい筋を書いた後にフィルタリングリキッドのスポットイエローで目立たせてみました。 写真だと肉眼で見…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 9.塗装-3

フィルタリング塗装が終わったのでウェザリングに入ります。 Mr.ウェザリングカラーが残りやすいように半ツヤクリアーを吹いてからステインブラウンでウォッシングして雨汚れを表現しました。 砲塔の出っ張った部分の下に同じくステインブラウンを残し気味に…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 8.塗装-2

ラッカー系塗料で基本塗装を終えたので今回の新兵器(?)Mr.ウェザリングカラー フィルタリング・リキッドを使ってフィルタリングを行います。 フィルタリング・リキッドは4色発売されていますが今回はシェードブルー、レイヤーバイオレット、スポットイエロ…

【1/35 ドラゴン】3号戦車H型(初期型) - 7.塗装

展示会を終えて1週間ほど模型作りから離れていましたが無事に復活して放置していたドラゴンの3号戦車H型(初期型)作りを再開しました。組立てはほぼ終わっていたので切り良く塗装からスタートです。 下地塗装はクレオスのMr.フィニッシングサーフェイサー1500…

【イベント参加】プラ模型を超えた第4回アート作品展2017に行ってきた

今年も秋田駅東口のフォンテ秋田6Fのあきた文化交流発信センターで開催されたプラ模型を超えた第4回アート作品展に参加してきました。 会場のフォンテ入り口の看板も良いですね。 前年より5個増えて12個展示できました!! 将来的には金萬にあやかって28個並べ…

【イベント情報】プラ模型を超えた第4回アート作品展

来週かと思っていたらもう4日後になりました。 エアブラシで塗装したものは今回が初お披露目なので新たなフィードバックが得られると良いですね。 日時:2017年3月25日(土) 10:30~17:00 日時:2017年3月26日(日) 10:30~16:30場所:秋田県秋田市中…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 14.完成

2015年の夏には作り始めていたハセガワのアラド Ar234B-2 "ブリッツボマー"長い休眠時間を経てようやく完成しました。 デカールは第76爆撃航空団 第3飛行隊 第8飛行中隊 フレードリッヒ・ブルッフロス曹長機を使い迷彩パターンは世界の傑作機Ar234の塗り分け…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 13.仕上げ

アラド Ar234B-2 は最後の仕上げにはいりました。 主脚、前脚、1t爆弾、離陸用補助ロケットを機体を逆さにして取り付け。尻もちをつかずに自立できることを確認して一旦満足感に包まれました。 離陸用補助ロケットのパラシュート開傘索はホームセンターで買…

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 12.完成

エアブラシ塗装の練習台として作り始めたタミヤのヘッツァー中期生産型、完成しました。 車長はタミヤのドイツ戦車兵 小休止セットの体育座りしている人の上半身だけを使って載せてみました。 小さい車輌ですが下前方から見上げるとやはり迫力があります。 …

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 11.ベース作成

展示会に向けてヘッツァーもベースを作成して仕上げ作業に入っています。 スチレンボードを楕円に切り出してタミヤの情景テクスチャーペイントのダークアースで地面のベースを作りました。 ヘラワーク(←何だそれ)が雑だけれどヘッツァーを載せてしまえば内側…

【1/48 タミヤ】デヴォアティーヌ D.520 - 5.完成

ずっと放置していたデヴォアティーヌ D.520ですが月末の展示会に向けてアンテナ・ピトー管等の細かいパーツを取り付けて完成しました。 レーサー機のようなロングノーズのかっこいい部分と第一次大戦機っぽい四角い断面の機首形状の古臭い部分を併せ持つ面白…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 12.デカール

Ar234の作業も終盤に入りましたが少しグダグダ感が出てきて手が動きませんね。こう作るというイメージが弱いせいなのか。 デカールを貼る部分にクリアーを吹いておくとシルバリングしにくいと聞いたので事前にクリアーを吹いてみました。 クリアーの部分が思…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 11.機体の塗装-4

機体色も塗り終えたので細かな部分の塗り分けに進みます。 エンジンナセル後端は焼鉄色が指定されておりますが実機の写真を参考にセミグロスブラックで塗装してみました。 機体色の塗装前に塗装してマスキングしておいたエンジンナセル先端の塗り分け部分は…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 10.機体の塗装-3

下面色Mr.カラー117 RLM76ライトブルーを塗装し終えて機体上面の迷彩塗装に入りました。 ライトグリーンの部分はMr.カラー122 RLM82ライトグリーンを塗装。 ブラウンバイオレットはMr.カラー121 RLM81ブラウンバイオレットが思ったよりもオリーブドラブっぽ…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 9.機体の塗装-2

デカールを貼ってしまえば済む話ですが白い部分が少し黄色くなり始めているしせっかくなのでエアブラシ塗装っぽい事をしてみましょう(笑)ということで国籍マークの塗り分けに挑戦してみました。 塗り分け用にデカールをコピーしてきたのは良いのですがケチっ…

【イベント情報】プラ模型を超えたアート作品展&東北AFVの会2017

今年も3月末にフォンテAKITA6階 ふれあーるAKITAで開催ということで自分も隙間埋め要員として参加致します。 今年は一般参加・持ち込み展示も募集中だそうです(参加される方はポスター掲示の連絡先まで)。 日時:2017年3月25日(土) 10:30~17:00 日時:2…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 8.機体の塗装-1

通販でポチった塗装アイテムの到着待ちの合間に付属品の塗装を進めました。 離陸用の補助ロケット。最初はシルバー塗装でエアブラシが詰まるんじゃねと思いながらやってましたが最近は普通に吹いています。 脇に立たせる予定のタミヤ48MMのキューベルワーゲ…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 7.機首部の塗装

機首部も完成したので早く飛行機の形にしてしまいたいですが少し我慢してコックピットの窓枠の塗装を行いました。 窓枠の指定色が黒なので塗らなくてもいいかもしれないけど内部色と同じグレーを塗装。 窓枠の黒を濃いグレーで塗装。マスキングはそのままで…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 6.操縦席の組立て-2

前、上、左右の4分割クリアパーツで構成されたコックピットパーツを接着して機首部分が完成しました。 伸ばしランナーで加工したワイヤーは仮組み中に接触して切れてしまいました...。修復は出来ましたがやはり考えなしで加工した部分は弱いですね。 機首部…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 5.操縦席の組立て

組立て説明書では一番最初に書かれている操縦席の組立てを行いました。 シートベルトは紙創り製のドイツ機用シートベルトを使いました。 椅子、操縦桿、照準器を取り付けてコックピット完成です。 操縦桿とフットペダルから出ているワイヤーは伸ばしランナー…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 4.主翼の組立て

左右を貼りあわせたまま放置中だったエンジンパーツも合せ目消しを行いました。 見えにくい場所ですがエンジンナセルと主翼下面との間に隙間が出来るのでプラシートを貼り重ねて隙間の処理をしました、、、が完全に隙間は消えないので最後は接着して溶きパテ…

【1/48 ハセガワ】Ar234 B-2 ブリッツ - 3.胴体の組立て

胴体パーツの合せ目処理をどうしたのものかと悩んだまま1年以上も放置中だったハセガワのAr234の製作を昨年12月中旬から再開しました。 胴体部分に40g分の錘を仕込めという指示があったのでホームセンターの釣具コーナーで1個20g相当の錘を買ってきてエポキ…

【完成】人工衛星おおすみ&ラムダロケット

昨年の11月過ぎからヘッツァーの合間にちまちま作っていたアオシマのスペースエアクラフトシリーズ No.6 人工衛星おおすみ&ラムダロケット完成しました。 人工衛星おおすみは1/20スケール、ラムダロケットは1/150です。 人工衛星は筆塗り、ロケット&発射台…

あけましておめでとうございます2017

新年あけけましておめでとうございます。 2016年はいつも行っている展示会の他に地元秋田県で展示会に参加して青森県七戸市鷹山宇一美術館で開催された特別展示「模型のタミヤがやってきた」の地元モデラー展示(隣県住まいだけど(笑))にも誘って頂いて例年よ…

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 10.仕上げ-2

ヘッツァーはMr.ウェザリングカラーを使ったウェザリングがほぼ終わった状態で2016年終了です。 サンディウォッシュ+ホワイト+マルチグレーで足回りに砂汚れを表現。 先に塗膜の保護の為につや消しクリアーを吹いたのが影響したのか拭き取り出来ずに残って…

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 9.仕上げ-1

ジャッキと車載機銃を取り付けてヘッツァー自体の組立て工程は完了しました。 ついでにデカールも貼ってつや消しクリアーでコートまで済ませましたがクリアを吹いた後はどれくらいエアブラシ洗浄をすればよいかわかりませんね(笑) 凹凸部にMr.ウェザリングカ…

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 8.塗装-4

オキサイドレッドとシャドウ吹きを終えたので三色迷彩に進みます。 ヘッツァーというと半円・三日月状の光と影迷彩のイメージがありますが初エアブラシでこれに挑戦するのは面倒なので普通の三色迷彩のパターンの塗装をします。 一番面積が大きいダークグリ…

忘年買出し2016

2016年の最後の模型買出しに仙台まで遊びに行ってきましたが先週、先々週と予定が入ってしまって先延ばししまったら同行のエアモデラーKと一緒に冬将軍もやって来てしまい24時間で約40cmの積雪になってしまいました。 個人的な2016年ベストバイキット・ドラ…

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 7.塗装-3

先に塗装していた足回りを接着して外観的にはほぼ完成です。 転輪に塗ったガイアカラーのレッドブラウン(ロートブラウン)は模型的には暗すぎるような気もしますが今回はエアブラシの練習台的な製作なので色調の事は気にせずに塗っています。 足回りに色がは…

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 6. 組立-3 & 塗装-2

手付かずだった車体上面のエッチングパーツを取り付けて組立は足回り・シュルツェンを残すだけの状態になりました。 ノテックライトのコードは伸ばしランナーで済ませました。 側面はガイアカラーのダークイエロー1、下面はロートブラウンで塗ってみましたが…

【1/35 タミヤ】ヘッツァー中期生産型 - 5.塗装

車体の組立てがある程度進んだので出戻り後初エアブラシ塗装に挑戦です。 ただ塗装するだけなのですが初挑戦なので土器土器枠枠です。 初めて塗った色はMr.カラーのジャーマングレーでした。 続いてガイアのサーフェイサーエヴォオキサイドレッドを車体下部…