タミヤ

【1/35 タミヤ】M5A1ヘッジホッグ - 3.デカール&スミ入れ

仕上げ作業を少し実施。

【1/35 タミヤ】M5A1ヘッジホッグ - 2.車体の塗装

車体の塗装。

【1/35 タミヤ】フォード GPA 水陸両用車 - 6.完成

とレ完(※とりあえずレベルで完成の意

【1/35 タミヤ】フォード GPA 水陸両用車 - 5.デカール&仕上げ

デカール貼ったり汚したり小物を作ったり。

【1/35 タミヤ】フォード GPA 水陸両用車 - 4.兵士の塗装

兵士フィギュアの塗装〜

【1/35 タミヤ】M5A1ヘッジホッグ - 1.車体の組み立て -

車体(足回り除く)の組み立て完了。

【1/35 タミヤ】フォード GPA 水陸両用車 - 3.車体の塗装

車体の塗装。

【1/35 タミヤ】フォード GPA 水陸両用車 - 2.車体の組立て

ストレート組のはずだったけど少しだけ改造

【1/35 タミヤ】フォード GPA 水陸両用車 - 1.車体の塗装

フォード GPA 水陸両用車の車体と室内を塗装。

【1/35 タミヤ】M5A1ヘッジホッグ - 0.2 資料 -

基本ストレート組み無改造で作るので資料は不要なんだけど安かったのでオスプレイ・ミリタリー・シリーズのM3&M5スチュアート軽戦車1940-1945を購入。 M3 & M5スチュアート軽戦車 1940‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦車イラストレイテッド…

【1/35 タミヤ】M5A1ヘッジホッグ - 0.1 キット購入 -

アランホビーのBISON I との闘いがまだ途中ですが次に作る(予定の)キットを購入しました。 今ならNo.313 アメリカ軽戦車 M5A1 ヘッジホッグ 追撃作戦セット (人形4体付き)が普通に購入できるのですが迫撃砲とフィギュアは特に欲しくなかったので古い方の No.…

【1/48 タミヤ】零式艦上戦闘機32型(A6M3) - 7.完成

昨年から作っていたゼロ戦32型完成〜 塗装の参考にしたのは箱絵と有名なラバウル応急迷彩の22型の写真。 中高生の頃に作った時はとても迷彩など塗装は出来なくて明灰白色一色で塗ったような気がするけど今回は憧れだった「第204海軍航空隊所属機 昭和18年ラ…

【1/48 タミヤ】零式艦上戦闘機32型(A6M3) - 6.仕上げ

正月中に完成するかなと思っていた零戦32型は自分にはよくある完成前のやる気ダウンでちょっと滞ってしまいましたが仕上げ作業に入りました。 まずは凹部にスミ入れしましたがあんまりわからないですね。スミ入れ専用塗料のダークブラウンを使ったのですが乾…

【1/48 タミヤ】零式艦上戦闘機32型(A6M3) - 5.機体塗装3

あけおめことよろ

【1/24 タミヤ】カストロール セリカ '93 モンテカルロラリー優勝車 - 4.ボディの取付け

デカールが破けたりウィンドウにクリアー吹いて曇ってしまったりでやる気ダウンして絶賛放置中だったカストロール・セリカも2013年の終りが近づいたのでそろそろ完成させねばなりますまいという気分になったので久しぶりに箱から出して作業をしました。 ボデ…

【1/48 タミヤ】零式艦上戦闘機32型(A6M3) - 4.機体塗装2

零戦32型は機体色をちまちまと塗ってようやく全体を塗り終わりました。 // // 機体色は諸説ありますが今回はMr.カラーの128番灰緑色で塗装しました。特にこだわりがあるわけじゃなくこの色を持っておけば零戦のみならず陸軍機にも使えそうという安易な理由か…

【1/48 タミヤ】零式艦上戦闘機32型(A6M3) - 3.機体塗装1

機体は胴体左右パーツを接着して合せ目消し。キャノピーと胴体の境界が分からないので先につや消し黒で塗装してからはみ出してたら機体色で隠す作戦。 // // クルシー無線帰投方位測定器のアンテナは薄いプラ板で真ん中の棒を追加。 胴体と主翼を接着。少し…

【1/48 タミヤ】零式艦上戦闘機32型(A6M3) - 2.エンジン他の塗装

コックピット完成して機体は士の字の状態になったので後回しになると面倒くさいパーツの塗装を先に始めました。 1130馬力にパワーアップされた栄21型。特にプラグコードも追加せず素組みで作成です。先端のお椀のようなパーツの色が気になって昔作ったゼロ戦…

【1/48 タミヤ】Pkw.K1キューベルワーゲン 82型 - 4.完成

つや消しスプレーで塗装面を保護してからデカールを貼りたいのですけど缶スプレーを吹ける状況でもないので暖かくなるまで作業終了ということでプリ完成状態のキューベルワーゲンです。 ジオラマにする予定なので前輪は軽く曲げた状態で接着しました。 爪楊…

【1/35 タミヤ】Pkw.K1キューベルワーゲン 82型 - 3.斜体の塗装2

Mr.カラーのジャーマングレイで車体塗装したキューベルワーゲンですがやっぱり暗すぎるかなということでタミヤ水性アクリルのジャーマングレイで塗り直しました。 しかしただで転ぶのも勿体ないのでヘアスプレー技法に挑戦してみました。 Mr.カラーの塗装面…

【1/48 タミヤ】零式艦上戦闘機32型(A6M3) - 1.コックピットの作成

2014年の東北AFVの会で会場下見やフライヤー(チラシ)完成などの情報がアップしてきてそろそろAFVを作りはじめようかなという気持ちはあったのですがどうしても飛行機が作りたい気持ちが強かったのでタミヤの 1/48 傑作機シリーズNo.14 日本海軍零式艦上戦闘…

【1/35 タミヤ】Pkw.K1キューベルワーゲン 82型 - 2.車体の塗装

キューベルワーゲンは少しづつ作業を進めて車体塗装まで終了。 艦底色で下塗り。 このキットからMr.カラーを使用していてクレオスのジャーマングレーを初めて使ってみましたがちょっと黒すぎたかな。筆塗りなので思ったよりツヤも出てしまったようだし。 1/3…

【1/48 タミヤ】ソビエト装甲車 BA-64B - 5.完成

48MMBA-64B、俺模型史上かつてない速さで完成しました。付属の車長フィギュアは小さなジオラマ作成時に作る予定なので本当の意味では完成ではないのですが車体は出来たということで完成という区切りです。 正面。この形を見ていると sd.kfz 222 も作りたくな…

【1/48 タミヤ】ソビエト装甲車 BA-64B - 4.デカール&ウェザリング

車体塗装が完成したBA-64Bは仕上げ工程に入りました。 まずはデカール。といっても砲塔の数字だけなのですが。 つや消しスプレー吹いて塗装面とデカールを保護してから油彩でウォッシング。先にやったタイガーI後期型はちょっとやり過ぎたかなと思ったので油…

【1/48 タミヤ】タイガーI 後期生産型 - 7.完成

パーツ紛失したりして作業中断していた時期もありましたがやっとタミヤ48MMタイガーI後期型が完成しました。 戦車長のフィギュアはミハエル・ヴィットマンのつもり(笑) 車体は油彩ウォッシングしてみたのでいつもと違う感じに汚れました。ちょっと青が強すぎ…

【1/48 タミヤ】タイガーI 後期生産型 - 6.ウェザリング

デカール貼り&スミ入れも完了したのでウェザリング作業に入ります。 まずはダイソーで購入した油絵の具で油彩ウォッシング。 車体にランダムに塗った油絵の具をエナメルシンナーで拭うだけなのでやっていることはスミ入れ専用塗料のウォッシングと変わらな…

【1/48 タミヤ】ソビエト装甲車 BA-64B - 3.ボディーの塗装

シャシーと並行してボディの塗装開始。塗装面積も少ないので米軍の週刊護衛空母ならぬ週刊装甲車という感じで作業が進んでいきます。 まずは艦艇色で下塗り。 下側の装甲板は黒立ち上げ。 XF-67NATOグリーンで全体を塗装。 フェンダーの端等を塗り分け。 車…

【1/48 タミヤ】タイガーI 後期生産型 - 5.デカール&ウォッシング

ティーガーI後期型は基本塗装完了したのでデカール貼り他の作業に入ります。 デカールはヴィレル・ボカージュでヴィットマンが登場したとされる231号車にしたかったのですがデカールは211号車のみ。wikipedia に212号車に搭乗した説もあるらしいのでアフター…

【1/48 タミヤ】ソビエト装甲車 BA-64B - 2.シャシーの塗装 -

手順的には1番めのシャシーを組立て。といってもフレームパーツに前後のドライブトレーンを取り付けるだけなんだけど。 完成するとほぼ見えなくなるところなのでグリーンを直接塗ればええじゃろという感じですが一手間いれて黒立ち上げ。 ダークグリーン指定…

【1/35 タミヤ】Pkw.K1キューベルワーゲン 82型 - 1.室内の組立て -

今年初の 1/35キット、タミヤ35MM No.213 のPkw.K1キューベルワーゲン 82型の組立てを開始しました。車名の由来は試作車輌のベルが9つついていたから9ベルワーゲン(んな訳ない シャシーとボディのパーツを組立て。 室内の床を塗装。試しにMr.カラーを使い始…

【1/48 タミヤ】ソビエト装甲車 BA-64B - 1.車体の組立て -

48MM最新作のソビエト装甲車BA-64B製作開始です。 車体下面で塗装の確認だけして寝かしておこうと思っていたんだけど全36パーツだしキューベルワーゲンのように車内も塗装する必要がないので一気に組立て。あっという間に組み上がっていく楽しいキットです。…

【1/48 タミヤ】タイガーI 後期生産型 - 4.車体の塗装

足回りパーツの紛失で車体の上下が接着出来ない状態だったので車体の上側だけの状態で塗装を開始。 最初にハルレッドで下塗り。 ダークイエローを塗装。水平面はただのダークイエロー、垂直面は少しレッドブラウンを混ぜたダークイエローを塗装して色に差を…

【1/48 タミヤ】タイガーI 後期生産型 - 3.足回りの作成

作業途中に写真を撮ろうとしたら誘導輪を紛失してしまい作業中断することになってしまったタイガーI 後期型ですが南方(静岡)から補給物資が届いたので作業再開。 届いた足回りパーツのうち使うのは2つだけ... ランナー塗りで内側だけ塗装した履帯パーツを転…

【1/24 タミヤ】カストロール セリカ '93 モンテカルロラリー優勝車 - 3.室内の組立て

ボディ塗装の合間に室内のパーツを塗装。 シートベルトはデカールが用意されているけど少しだけ厚みがあった方がいいかなと思ったのでプラシートで自作。 「Sabelt」の部分だけデカールを使用してシート完成。 ボディのデカールを貼っていたら「RECARO」のデ…

【1/24 タミヤ】カストロール セリカ '93 モンテカルロラリー優勝車 - 2.シャシー組立て

ボディ塗装の乾燥待ちの間にシャシー組立作業を進めます。 シャシー下面も缶スプレーで白塗装した後に部分的に塗り分けしました。箱絵の後面図だと後ろから見えるシャシー部分はセミグロスブラックぽくも見えるのですが陰で暗くなっているということでピュア…

【1/24 タミヤ】カストロール セリカ '93 モンテカルロラリー優勝車 - 1.ボディ塗装

1/48 タイガーIのアイドラー・ホイールを紛失して超絶やる気ダウンしてしまったので1/24 タミヤ カストロール・セリカの制作に着手。 今年の冒頭に作ったミニクーパー・ラリーは筆塗りで作りましたがこちらは以下のリンクを参考に缶スプレー塗装で作ります。…

【1/48 タミヤ】タイガーI 後期生産型 - 2.改造

ツィンメリット・コーティングのシート貼りも完了したので塗装開始と行きたいところですが細かいところを少し改造しました。 車長ハッチと装填手ハッチの把手が長方形の箱型モールドになっているので削り落として0.5mm真鍮線で作り直しました。 銅線でライト…

【1/48 タミヤ】タイガーI 後期生産型 - 1.ツィンメリットコーティング

// // ついにこのブログにも「ティーガーI」のカテゴリが追加されました(祝)なはずなのですがあんまり気分は高揚してません。手は一応動いてるのですけど(汗 35MM の No.146 「ドイツ重戦車 タイガーI(後期生産型)」といったら模型店にならぶキットの中でも…

【1/48】Fw190不時着ジオラマ - 4.完成

Fw190D-9の完成に合わせてジオラマも完成です。 タイトルはアンラッキー7を独語にして「Unglücklich Sieben, Mai 1945」。 戦闘も落ち着き緊張感もなく歩哨する米兵と終戦を直前に不時着する目になった第4航空戦闘団(JG4)所属のFw190D-9、機体番号はタイトル…

【1/48 タミヤ】ドルニエ Do335A プファイル 6.完成

長かった...そしてやっぱりデカかった 1/48 Do335A プファイル完成です。 デカールは製造番号240102(W. Nr. 240102)を選択、米軍に鹵獲され現在はスミソニアン博物館に展示されている機体のようです。 機首部はJu88やFw190D-9のような環状ラジエーターでこれ…

【1/48 タミヤ】ドルニエ Do335A プファイル 5.デカールほか

これも6月後半から作っているので作成期間が長かったですがようやく終わりが見えてきました。 後部エンジンの排気管周りに貼るアルファベットのデカールが面倒でしたが「フムナ・ノルナ」系のコーションマークも現用機ほどあるわけでもなくさっくりと完了。 …

【1/48 タミヤ】フォッケウルフ Fw190 D-9 - 8.完成

// // 寝かせておいた期間もけっこうあるけど6月から作っていたFw190D-9がやっと完成。ジオラマ用に不時着状態として作成したので単体で見るとちょっと変な感じ。 部隊は第4戦闘航空団所属(胴体の黒白帯がJG4の本土防衛識別帯)の7番機。「7」はジオラマのタ…

【1/48 タミヤ】フォッケウルフ Fw190 D-9 - 7.仕上げ3

3回目の仕上げ記事です。2回目だと思っていたら3回目で最初の1回目には何を書いたか思い出せなくてなっていました(汗 機会下面にウェザリングマスターAセットのマッドなどを使って地面を滑ってきた感じを表現します。まあ、見えなくなるんだけど。 排気管に…

【1/48 タミヤ】ドルニエ Do335A プファイル 4.機体の塗装2

機体が大きいのと残暑が酷くて作業したくない日もあったりで遅々として進まないDo335ですがようやく機体の基本塗装が終わりに近づいてきました。 尾翼周辺や胴体の中央付近のパターンが結構複雑だったので数回に分けてブラックグリーンの部分を塗装開始。マ…

【1/48 タミヤ】ブレンガンキャリヤー Mk.II - 2.車体の組立て

前回で操縦席が完成したので車体内部の組立てに着手。 車体の中央にエンジンを覆うエンジンフードを作成。こんなのが真ん中にあるんじゃ狭そうですね。冬は思ったより暖かいのかな。 無線機はセミグロスブラックとしか指定されてなかったけどネットで似たよ…

【1/48 タミヤ】ドルニエ Do335A プファイル 3.機体の塗装1

前回から約3週間、ようやく機体下面の塗装完了しました。 メタリックグレイで下塗り。機体がデカいのでこれに時間がかかりました。 シェーディング。ここはパネルラインだけなのであっさり完了。 下面をライトブルーで塗装。まだ上半分(胴体の部分が多いので…

【1/48 タミヤ】ブレンガンキャリヤー Mk.II - 1.操縦席の作成

小さいからさくっと出来るだろうと思っていたけど小さくてもオープントップ車輌、組み立ててしまうと操縦席の奥の方とか塗れなさそうなので説明書の手順を無視して塗装しながら組み立てることに 説明書では結構後工程の操縦席のパネルを塗装。 こっちは説明…

【1/48】Fw190不時着ジオラマ - 2.レイアウト

ベースはホコリ対策的にコレクションケースが楽なんだけど 1/48 Fw190 が収まる丁度良い大きさのケースが見つからなかったので100円ショップでフォトフレームを物色していたら丁度良い大きさのコルクボードを発見したのでこれをベースにすることに決定。 発…

【1/48】Fw190不時着ジオラマ - 1.フィギュアの作成

Fw190D-9不時着ジオラマに添えるフィギュアを作成。WWII アメリカ歩兵 前線休息セットの兵士B&Cだけど実はゴリアテと一緒にまとめて作っていたもの。最初は散歩しているビネットにする予定だったけど2体とも斜め前を見ているので撃破された戦車でも一緒に置…

【1/48 タミヤ】フォッケウルフ Fw190 D-9 - 6.仕上げ2

ジオラマのベースを作り始める前に仕上げ工程というか残り作業を実施。 マスキングテープでシートベルトの残りを作成。 アクアリンカーで座席と機体の隙間に接着。不時着時に慌てて外した感じを出したくて座席上部に伸ばしてみましたがこうなったとか考証と…