読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソビエト装甲車 BA-64B - 5.完成

48MMBA-64B、俺模型史上かつてない速さで完成しました。付属の車長フィギュアは小さなジオラマ作成時に作る予定なので本当の意味では完成ではないのですが車体は出来たということで完成という区切りです。 正面。この形を見ていると sd.kfz 222 も作りたくな…

ソビエト装甲車 BA-64B - 4.デカール&ウェザリング

車体塗装が完成したBA-64Bは仕上げ工程に入りました。 まずはデカール。といっても砲塔の数字だけなのですが。 つや消しスプレー吹いて塗装面とデカールを保護してから油彩でウォッシング。先にやったタイガーI後期型はちょっとやり過ぎたかなと思ったので油…

タイガーI 後期生産型 - 7.完成

パーツ紛失したりして作業中断していた時期もありましたがやっとタミヤ48MMタイガーI後期型が完成しました。 戦車長のフィギュアはミハエル・ヴィットマンのつもり(笑) 車体は油彩ウォッシングしてみたのでいつもと違う感じに汚れました。ちょっと青が強すぎ…

タイガーI 後期生産型 - 6.ウェザリング

// // デカール貼り&スミ入れも完了したのでウェザリング作業に入ります。 まずはダイソーで購入した油絵の具で油彩ウォッシング。 車体にランダムに塗った油絵の具をエナメルシンナーで拭うだけなのでやっていることはスミ入れ専用塗料のウォッシングと変…

ソビエト装甲車 BA-64B - 3.ボディーの塗装

シャシーと並行してボディの塗装開始。塗装面積も少ないので米軍の週刊護衛空母ならぬ週刊装甲車という感じで作業が進んでいきます。 まずは艦艇色で下塗り。 下側の装甲板は黒立ち上げ。 XF-67NATOグリーンで全体を塗装。 フェンダーの端等を塗り分け。 車…

タイガーI 後期生産型 - 5.デカール&ウォッシング

ティーガーI後期型は基本塗装完了したのでデカール貼り他の作業に入ります。 デカールはヴィレル・ボカージュでヴィットマンが登場したとされる231号車にしたかったのですがデカールは211号車のみ。wikipedia に212号車に搭乗した説もあるらしいのでアフター…

ソビエト装甲車 BA-64B - 2.シャシーの塗装 -

手順的には1番めのシャシーを組立て。といってもフレームパーツに前後のドライブトレーンを取り付けるだけなんだけど。 完成するとほぼ見えなくなるところなのでグリーンを直接塗ればええじゃろという感じですが一手間いれて黒立ち上げ。 ダークグリーン指定…

ソビエト装甲車 BA-64B - 1.車体の組立て -

48MM最新作のソビエト装甲車BA-64B製作開始です。 車体下面で塗装の確認だけして寝かしておこうと思っていたんだけど全36パーツだしキューベルワーゲンのように車内も塗装する必要がないので一気に組立て。あっという間に組み上がっていく楽しいキットです。…

タイガーI 後期生産型 - 4.車体の塗装

足回りパーツの紛失で車体の上下が接着出来ない状態だったので車体の上側だけの状態で塗装を開始。 最初にハルレッドで下塗り。 ダークイエローを塗装。水平面はただのダークイエロー、垂直面は少しレッドブラウンを混ぜたダークイエローを塗装して色に差を…

タイガーI 後期生産型 - 3.足回りの作成

作業途中に写真を撮ろうとしたら誘導輪を紛失してしまい作業中断することになってしまったタイガーI 後期型ですが南方(静岡)から補給物資が届いたので作業再開。 届いた足回りパーツのうち使うのは2つだけ... ランナー塗りで内側だけ塗装した履帯パーツを転…

タイガーI 後期生産型 - 2.改造

ツィンメリット・コーティングのシート貼りも完了したので塗装開始と行きたいところですが細かいところを少し改造しました。 車長ハッチと装填手ハッチの把手が長方形の箱型モールドになっているので削り落として0.5mm真鍮線で作り直しました。 銅線でライト…

タイガーI 後期生産型 - 1.ツィンメリットコーティング

// // ついにこのブログにも「ティーガーI」のカテゴリが追加されました(祝)なはずなのですがあんまり気分は高揚してません。手は一応動いてるのですけど(汗 35MM の No.146 「ドイツ重戦車 タイガーI(後期生産型)」といったら模型店にならぶキットの中でも…

ブレンガンキャリヤー Mk.II - 2.車体の組立て

前回で操縦席が完成したので車体内部の組立てに着手。 車体の中央にエンジンを覆うエンジンフードを作成。こんなのが真ん中にあるんじゃ狭そうですね。冬は思ったより暖かいのかな。 無線機はセミグロスブラックとしか指定されてなかったけどネットで似たよ…

ブレンガンキャリヤー Mk.II - 1.操縦席の作成

小さいからさくっと出来るだろうと思っていたけど小さくてもオープントップ車輌、組み立ててしまうと操縦席の奥の方とか塗れなさそうなので説明書の手順を無視して塗装しながら組み立てることに 説明書では結構後工程の操縦席のパネルを塗装。 こっちは説明…

KV-1 ジオラマ作成 - 3.完成

草の貼り付けが終わってから少し放置していたのですが車輌の塗装が剥がれていた箇所があったので少し補修してKV-1 ジオラマ完成です。 タイトルは「夏草や兵どもが夢のあと」とでもしておきましょう。 撃破後に独ソ両軍どちらからも回収されず草原に放置され…

KV-1 ジオラマ作成 - 2.草原の作成

前回作った地面の上に草を生やします。草を生やすといっても雑草の種を蒔いて本当に生やすわけではありません(笑)。え、そんなくだらないジョークはいいですか、そうですか。 ゴリアテのジオラマで使用したミニネイチャーのジオラマ用の草「小さな草むら 萌…

KV-1 ジオラマ作成 - 1.地面の作成

// // 前に作ったKV-1でジオラマの練習用のジオラマを作りはじめました。 ベースはディスプレイケースCと工作シリーズ 高密度発泡スチロール10mm厚 B4サイズ。 ディスプレイケースC 73004出版社/メーカー: タミヤメディア: おもちゃ&ホビーこの商品を含むブ…

デイビッドとゴリアテ - 2.完成

情景テクスチャーペイントとミニ・ネイチャーの草で作ったベースにゴリアテと米兵を瞬間接着剤で固定してジオラマ「デイビッドとゴリアテ」完成。 米兵の名はデイビッド。敵兵器の研究がお仕事。 軍上部から「デイビッド、次のお前のおもちゃコレな。ゴリア…

デイビッドとゴリアテ - 1.ベースの作成

1/48 ゴリアテと米兵のジオラマのベースを作成。 ベースは100円ショップで購入したコレクションケース。 地面は情景テクスチャーペイント<土 ダークアース>。 ワンポイントで使う草にミニ・ネイチャー 717-21S 小さな草むら 萌える春。 創作料理みたいな名…

WWII アメリカ歩兵 前線休息セット 兵士A

ヤークトティーガーのジオラマで使った「WWII アメリカ歩兵 前線休息セット」で余った兵士Aをゴリアテのヴィネット用に作りました。 Generals Und Jagdtiger - 完成 - - モデルニート 胴体上下を接着、腕は塗装してから接着します。 ダークグレイで下塗り。 …

Sdkfz.302 遠隔操作爆薬ゴリアテ

タミヤ48MMタイガーI後期型作成の息抜きに作ろうと思って購入したゴリアテwithケッテンクラート(商品的にはケッテンクラートが主成分)を作成。 タイガーI後期型は成型不良とかでキャンセルされてしまったので生殺し状態なのですが気を取り直してなんとか作り…

マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型) - 7.完成 -

マルダーIII 完成。小さな車体に薄い装甲板で囲まれた大きな砲、アンバランスさがいい感じです。 塗装とマークは《第15戦車師団第33戦車駆逐大隊 1942年 北アフリカ》を参考。写真だと白っぽくなってますが使ったのはウェザリングマスターAセットのサンド、…

マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型) - 6.仕上げ作業 -

マルダーIII は塗り忘れたり作業中に剥がれた部分を塗りなおした後に仕上げ作業に入りました。 全体をウォッシングして薄汚れた感じを出します。 退色表現として XF-84 ダークアイアンでドライブラシをしました。 ホイールにも同じくドライブラシ。 色の差が…

マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型) - 5.戦闘室の組立て・塗装 -

マルダーIIIは7.62cm砲を取り囲む戦闘室の組立て・塗装に突入。 先に組み立ててあった主砲を取り付けてちょっとだけ完成気分を堪能。 主砲はポリキャップで停めているので取り外し可能なのです。 ハルレッド塗装。 車体上面の部分は組立て前にジャーマングレ…

マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型) - 4.足回りの塗装 -

車体と別進行で組み立てた転輪と履帯の塗装に取り掛かります。 塗装していなかったロードホイールをハルレッドで下塗り。 ゴム部分をフラットブラックで塗装。ついでにロードホイールもシェーディング。 ジャーマングレイで基本色塗装。 履帯の泥汚れ表現と…

マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型) - 3.車体の組立・塗装 -

主砲の組立と並行して車体を作成。 車体内は装甲板や主砲に隠れてほとんど見えなくなりそうだけど念のためジャーマングレイで塗装。 車体下部もめんどくさいから塗りたくなかったけどジャーマングレイベースの車体にするので成型色そのままだと目立ちそうな…

マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型) - 2.主砲の組立・塗装 -

車体の作成と同時に主砲の 7.62cm 対戦車砲も作成。車体が出来上がる頃に終わればいいなあと思っていたけどこっちのほうが先に出来てしまいました。 マズルブレーキ内を先に塗装してから左右接着。 ハルレッドで下塗り。 つや消し黒でシェーディング。 ジャ…

マーダーIII(7.62cm Pak36搭載型) - 1.足回りの組立て -

タミヤオンラインショップで消耗品買うついでにキットも購入。最初はファイアフライを作ろうかと思っていたんだけど在庫なしだったので気になっていたマルダーIII(7.62cm Pak36搭載型)を購入。 ドイツ軍の車輌にしては不恰好なのがいい感じです(車輌はチェコ…

Generals Und Jagdtiger - 完成 -

ヤークトティーガーとジープと将兵を適切な位置に配置してジオラマ完成。 ドイツ敗戦後、撃破したヤークトティーガーを将官が視察しに来るという設定です。地面が綺麗なのは将官が来るので兵士によって綺麗に掃除されたという設定で(笑 本当は去年1/35のシュ…

Generals Und Jagdtiger - 1 -

タミヤのディスプレイケースC に情景シート(石畳A)を両面テープで貼り付けて簡易ジオラマベース完成。 こんな配置も斬新でいいかな(笑) つづく → Generals Und Jagdtiger - 完成 - - モデルニート ディスプレイケースC 73004出版社/メーカー: タミヤメディア…

WWIIアメリカ歩兵 前線休息セット 将官AB&兵士D - 完成 -

ジープに一緒についてきた兵隊さん(のうち将官AB、兵士D)を作成(商品名的にはジープがおまけ 将官A 写真の順番は組立→ダークグレー塗装→指定色塗り分け→ウォッシング、スミ入れ→完成。 将官B 後ろ姿はエスカレーターでよく見るポーズ。 兵士D

U.S.ジープ ウィリスMB - 完成 -

運転手を乗せてハンドル取り付けてM1919A4軽機関銃を取り付けて48MMのウィリスMB完成です。 前輪は少しだけ右に切れちゃったかな。 機関銃の弾薬箱もちょっと左に傾いてしまった。 顔はタミヤのスミ入れ専用塗料ブラウンだけで済ませました。 背景が明るすぎ…

U.S.ジープ ウィリスMB - 3 -

内装が終了して予備タイヤ、ジェリカン、車外装備品を塗り分けるとあっという間に完成が近づいて来ました。 デカール貼り。 ウォッシング。 運転手も組立て。 ダークグレー塗装。 基本塗装。 ウォッシング、スミ入れ。 完成。 つづく → U.S.ジープ ウィリスM…

U.S.ジープ ウィリスMB - 2 -

1/35でジープを作ったときはいろいろと手間がかかったような気がしますがこの48のキットは思ったよりもサクッと進んでいます。スケールは違えど2台目のジープ、エンジンルームが無いのも大きいのかもね。 椅子も黒立ち上げで塗装開始。 室内も黒立ち上げから…

U.S.ジープ ウィリスMB - 1 -

48MMシリーズ「WWII アメリカ歩兵 前線休息セット」に入っている ジープを作成中。 シャシーと車体下部。黒立ち上げで塗装。 オリーブドラブで基本塗装とエンジン等塗り分け。 サスと排気管等を取り付けてシャシーフレーム完成。 ボディに接着して車体下面は…

ヤークトタイガー 初期生産型 - 完成 -

ウォッシング、ウェザリングしてヤークトティーガー完成。塗装・マーキングは「第653重戦車駆逐大隊 第3中隊所属 331号車<アバディーン保存車両 車台番号305020> 1945年3月 ノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセ」を参考。 車体前面と防盾に…

ヤークトタイガー 初期生産型 - 6 -

2012年中に完成すればいいなと思って作っていましたがいろいろと細かくなってきてやっぱり終わりませんでした。 予備履帯の塗装。 車外装備品の塗装。 車外装備品の取付け。 光と影迷彩の斑点の部分を塗装。 車載機銃と左前部の泥除けを取り付けて全部品の接…

ヤークトタイガー 初期生産型 - 5 -

履帯、車体下部と並行して車体上部の塗装。 ハルレッドで下塗り。 車体前面は車体下部に組み付けた際に少しいじるので後回し。シェーディング。 ダークイエロー塗装。 レッドブラウン迷彩。 ダークグリーン迷彩。 車体下部に取付け。 アーマーモデリング2012…

ヤークトタイガー 初期生産型 - 4 -

履帯の塗装完了。 上からメタリックグレイ、フラットブラック、ダークアイアン(すべてタミヤ水性アクリル)を塗り重ねていったけども写真ではあまり違いがわからず。 シャシーに接着して足回り完成。 つづく → ヤークトタイガー 初期生産型 - 5 - - モデルニ…

ヤークトタイガー 初期生産型 - 3 -

主砲の 12.8cm PaK44 L55 を作成。ひゃっほう!最高だぜぇぇぇ!! ハルレッド塗装後にフラットブラックでシェーディング。 ダークイエロー塗装。 レッドブラウンとダークグリーンで三色迷彩にして完成。 砲身が長いとちょっと大変。つづく → ヤークトタイガ…

ヤークトタイガー 初期生産型 - 2 -

ガールズアンドパンツァーのエンディング曲「Enter Enter MISSION! 」がオーディオでも脳内でもヘビロテ中の今日この頃であります(`・ω・´)ゞ 車体上部等と並行して作っているので時間がかかったけどやっと転輪の塗装と取付けが完了。 連結式の履帯もある程度…

ヤークトタイガー 初期生産型 - 1 -

ソ連戦車を2つ続けて作った後はハンティングタイガー改めヤークトタイガーを作ります。 このキットもダイキャスト製じゃないので車体下部は組み立て式。 ウェイト58g。JS-2の時は素直に付けたけど今回は直前にいいやという気分になったので使わないことにし…

JS-2 - 完成 -

チッピングもした方がいいかなと思ったけどあんまりイメージが浮かばなかったのでこれで完成。 砲身長くて撮影するのが大変。 防盾下部に跳弾させて天井を撃ちぬけば楽に(?)破壊可能。 122mm砲先端。 砲塔。 何かスローガン書こうかと思ったけど「日ソ友好…

JS-2 - 5 -

車体の仕上げと並行して戦車長フィギュアを作成。 腕だけ荒ぶる鷹のポーズ! ダークグレイで下塗り。 シェーディング。 指定色でベタ塗り。 顔はブラウンでスミ入れ、服はブラックでウォッシングとバフでドライブラシ ズボンから下は見えなくなるのでベタ塗…

JS-2 - 4 -

車体も砲塔も基本塗装終えたので車体上下を接着して戦車の形になりました。 スミ入れ専用塗料のブラックでウォッシング。 上の写真が違いすぎて比較にならない... 泥除けを中心にウェザリングツールで泥汚れを表現。 つづく → JS-2 - 5 - - モデルニート 前…

JS-2 - 3 -

シャシー組立から履帯接着まで一ヶ月かかっていたけど同時に作って塗装を進めていた車体と砲塔も基本塗装完了。 車外装備品もノコギリとスコップ、ワイヤーロープ、増加燃料タンクくらいなのでワイヤーロープを残して全て接着。 普段は細かい部品は塗装して…

JS-2 - 2 -

前回のエントリーから一ヶ月ほど過ぎてしまいましたがようやく足回り完成。 最初ははメタリックグレイで塗装。 メタリックグレイではピカピカなのでフラットブラックを薄く塗装。 フラットブラックの上にKV-1の時と同じようにジャーマングレーを塗ってみたの…

KV-1 - 完成 -

基本塗装後のウォッシング、ウェザリング等に時間がかかってしまいましたが KV-1 も完成。 ドイツ戦車にも使うダークグリーン一色だけどウォッシングしたら一気に色合いが変わった。今回の改造ポイント。弾痕。 前面のフェンダー支持架にもピンバイスで弾痕…

KV-1 - 5 -

デカール貼付け後にウォッシングしたりスミ入れしたりチッピングしたりでようやく完成が見えてきた。 エンジン上の金網の部分とマフラーは赤錆を強調したくていろんな種類の茶色を塗った後にクリヤーオレンジを塗ってみたけれどりょっとテカテカになってしま…

JS-2 - 1 -

KV-1 に続いて第二次大戦後半に登場した重戦車JS-2を作成開始。 アドバンスド大戦略で出てきた「JS-IIm」は強力でした。対地防御力90はティーガー2の88mm砲(対甲攻撃力125)でも2-3台くらいしか破壊できませんでした。122mm砲の弾数が少ない(4発)と量産でき…