フォッケウルフ Fw190 D-9 - 3.機体の組立て

不時着状態にするための加工と共に機体に手を入れながら機体を組み立てます。

機体内部の塗装。黒立ち上げからRLMグレー塗装。

20mm機関砲の先端を開口。

胴体をピンバイスで穴あけして被弾痕を表現。

めんどくさくて普段は全然やらない改造ですが排気管も開口しました。

あまり作らない1/48ということと東北AFVの会に行った影響ですかね。

カウリング内部も指定色よりは少し焼けた感じに塗装しました。

胴体と主翼を接着して機体の組み立て完成です。

少しだけ隙間が出来ましたが流し込み接着剤を流しこんで少し上反角を付ける感じで接着するだけで解消しました。

作成中のハセガワ 1/72 Fw190A-5 と並べると当たり前ですが大きいです(笑)

 - 関連記事 - 

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 1.コックピットの作成 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 2.機体の改造 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 3.機体の組立て - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 4.機体の塗装 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 5.仕上げ1 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 6.仕上げ2 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 7.仕上げ3 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 8.完成 - モデルニート

1/48 傑作機 No.41 1/48 フォッケウルフ Fw190 Dー9 61041

1/48 傑作機 No.41 1/48 フォッケウルフ Fw190 Dー9 61041