読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BISON I - 2.操縦席の組立て2

WW2 ドイツ装甲車輌 1/35 AFV アランホビー

現実逃避的に作っていたエアフィックスのフォッケウルフFw190A-8も完成してしまったのでアランホビーのBISON I の作業を再開しました...

前回作った操縦席部分をちょっと無理やりはめ込む感じにはなりましたがシャシーに接着しました。

差し込む時に操縦桿パーツが計器盤に引っ掛かって外れてしまいましたが後方から差し込んで接着することが出来ました。プラスチックの材質が違うのか他のキットよりも接着剤の効きが弱いようで操縦桿が折れずに済んだのは幸いだったかも。

機関室の防火壁パーツ。無線機は画像検索して適当に塗り分けで済ませました。

シャシーに防火壁を差し込んでシャシー室内完成です。ここもすんなりとは入らなかったので棒ヤスリでかなりごりごり削りました。

足回りや砲の搭載部分がサクッと組めればよいのですがそうとは思えませんのでストレスある作業が続きます...

- 関連記事 -

BISON I - 1.操縦席の組立て - モデルニート

BISON I - 2.操縦席の組立て2 - モデルニート

BISON I - 3.主砲の仮組み - モデルニート

BISON I - 4.足回りの組立て - モデルニート

BISON I - 5.履帯の組立て - モデルニート

BISON I - 6.主砲の搭載 - モデルニート

BISON I - 7.仕上げ - モデルニート

BISON I - 8.完成 - モデルニート