読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BISON I - 4.足回りの組立て

1/35 AFV WW2 ドイツ装甲車輌 アランホビー

主砲の搭載もチェックできたので足回りの組立てに着手。

中心からずれた場所に穴が開いていた上部支持転輪は偏耗した状態を表現しているものと解釈してゲート処理。国産のキットならこのまま進めても問題ないのだろうけど念の為に履板にはめてみるとセンターガイドより幅が厚くてはまらないので裏側を少し削る羽目に。

各種転輪とボギーを塗装。こちらはうまくセンターガイドにはまる模様。

履帯を切り出してつなげてみるとうまくはまらない。ここだけは大丈夫だと思ったのに<なぜそう思った

片側92〜93枚整形しないといけないのでモデルカステンやドラゴンのキットの履帯が欲しくなったけどそれをやったら負けかなと思って我慢(何に負けるのだろうw

積んであるM5軽戦車作りたくなったけど履帯の組立ては最後のお楽しみに残しておいてまずは車体と主砲の塗装を片付けようかな。

- 関連記事 -

BISON I - 1.操縦席の組立て - モデルニート

BISON I - 2.操縦席の組立て2 - モデルニート

BISON I - 3.主砲の仮組み - モデルニート

BISON I - 4.足回りの組立て - モデルニート

BISON I - 5.履帯の組立て - モデルニート

BISON I - 6.主砲の搭載 - モデルニート

BISON I - 7.仕上げ - モデルニート

BISON I - 8.完成 - モデルニート