読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォード GPA 水陸両用車 - 1.車体の塗装

連合軍装甲車両 タミヤ 1/35 AFV

先週買ってきたタミヤのフォードGPAをさっそく製作。

全部新しいのかなと思ったら 35MM No.43 の「アメリカ水陸両用車 フォード GPAジープ」にエンジンパーツとフィギュア3体、エッチングパーツが付属した構成。新しい35MM作れると思っていたのでその点はちょっと残念。まあ、新しいの作りたかったら今月末に発売されるナースホルン買えってことですよ、みなさん。

新規のCパーツ(エンジンなど)とZパーツ(フィギュア)。しかし今回はエンジンを見せない状態で作ったので結局Cパーツで使ったのはエンジン点検ハッチと吸気グリルの2パーツという富豪モデリングになってしまいました。

船体じゃなくて車体下部をつや消し黒、側面を艦底職で下塗り。プロペラと舵もあるのでボートを作っている感覚になります。

水に濡れたような色合いにしたかったのでちょっと暗めの緑色RLM70ブラックグリーンで塗装してみました。この色はドイツ機の機体やプロペラ用に購入した色ですが英国やソ連の戦車、旧帝国陸海軍機にももしかしたら使えちゃいそうな色合いと思ったり。この色でファイアフライとか作ってみようかな。

室内もつや消し黒で下塗り。車体に対して室内は小さめな印象。

上面は同じくドイツ機用に購入していたRLM71ダークグリーンで塗装。オリーブドラブを切らしていたのでちょっとドケチ塗装です。

椅子やレバー類を取り付ける前にウェザリングマスターAセットのライトサンドで床に土汚れを表現してみました。焦ってしまってスミ入れを忘れたけど兵士で言えなくなるからまあいいや。

- 関連記事 -

フォード GPA 水陸両用車 - 1.車体の塗装 - モデルニート

フォード GPA 水陸両用車 - 2.車体の組立て - モデルニート

フォード GPA 水陸両用車 - 3.車体の塗装 - モデルニート

フォード GPA 水陸両用車 - 4.兵士の塗装 - モデルニート

フォード GPA 水陸両用車 - 5.デカール&仕上げ - モデルニート

フォード GPA 水陸両用車 - 6.完成 - モデルニート