M5A1ヘッジホッグ - 4.フィルター塗装 練習編

M5軽戦車の塗装面は半ツヤでテカテカしていて鉄という感じがして良いのですがそのままではちょっと綺麗過ぎる感じです。

ジオラマベース作りの参考に購入した戦車模型低級技術指南の「カタカナ技法ってなんじゃらほい」というページにフィルタリングの方法の一つとしてピグメントをエナメル塗料で定着させて表面を変化させる方法が掲載されていたのでこれを真似たいと思います。 

100円ショップで購入したパステルを削って粉状にしてみる。

いきなりM5戦車でやって失敗すると痛いので昨年秋に作ってヘアスプレー技法を試したままのキューベルワーゲンで実験です。

本ではエナメルシンナーを使っていましたがアクリルシンナーでも定着するだろうと思って今回はアクリルシンナーを使ってみました。

このキューベルワーゲンは泥濘化したロシアの大地を走るジオラマにしようと思っていたのですがギリシャ辺りに変更です。まあ、ドライバーのフィギュアも無いのでしかたない。

まあ良い感じに車体面の汚れがついたと思うので実験成功という感じでしょうか。

- 関連記事 -

M5A1ヘッジホッグ - 0.1 キット購入 - - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 0.2 資料 - - モデルニート 

M5A1ヘッジホッグ - 1.車体の組み立て - - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 2.車体の塗装 - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 3.デカール&スミ入れ - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 4.フィルター塗装 練習編 - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 5.フィルター塗装 本番編 - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 6.キャタピラ塗装 - モデルニート