M5A1ヘッジホッグ - 7.ウェザリング〜完成

キャタピラ塗装も済んだM5軽戦車は仕上げ工程に入りました。

今回はポリキャタピラの塗装の下地処理にガイアのマルチプライマーを使用しましたがタミヤからもポリキャタピラ用のプライマーが出ているのを知りました。

M5軽戦車はノルマンディー戦のジオラマ仕立てにするのでキャタピラを車体と同じくパステルを粉末状にしてアクリルシンナーで定着させて土汚れを表現しました。

このキットの特徴でもある車体上でM1919機関銃を構える戦車兵も塗装しました。ちょっとゴ◯ゴ13っぽいですかね。

「俺の後ろに立つな」

水糸を折り返して輪を作って手すり(?)に通した後にマスキングテープで作ったなんちゃってワイヤーロープです。

綿100%のせいか少しほつれが目立ちます。素材的には化学繊維の糸の方がいいのかも?

ジオラマベースはまだ作業中ですがこれでM5軽戦車はほぼ完成です。

 

- 関連記事 -

M5A1ヘッジホッグ - 0.1 キット購入 - - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 0.2 資料 - - モデルニート 

M5A1ヘッジホッグ - 1.車体の組み立て - - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 2.車体の塗装 - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 3.デカール&スミ入れ - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 4.フィルター塗装 練習編 - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 5.フィルター塗装 本番編 - モデルニート

M5A1ヘッジホッグ - 6.キャタピラ塗装 - モデルニート