読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BISON I - 5.履帯の組立て

連結履帯の履板パーツがうまくつながらないのが嫌になってタミヤ製のフォードGPA、M5軽戦車に逃げてずっと放置中だったアランホビーのBISON Iを久しぶりに作業再開。

ジオラマ作業の乾燥待ちの合間に履板の連結部を棒ヤスリで広げてつながることを確認しながら94枚×2を切り出し完了。

スケールが正確なら片側94枚あれば不足はないと思うけれどパーツは70枚x4で280枚もついてくるのでちょっと心配。

これで履板の数が足りなかったらまたタミヤのキットに逃げようかな(汗

履板の切り出しが終わった(はず?)ので車体側も足回りを組立て。

筆塗りなので車体に取り付ける前に塗装しておかないと奥の方は塗れなくなりますので接着前にプラ板に両面テープで仮留めして塗装します。

塗装後に一枚ずつ接着して少し乾燥してからエイヤッと車体に巻きつけしたら...94枚じゃ足りなかった。

8枚ほど不足したので反対側用のやつから補充して無事に連結。

反対側も履帯を接着して履帯の組立て作業完了。

- 関連記事 -

BISON I - 1.操縦席の組立て - モデルニート

BISON I - 2.操縦席の組立て2 - モデルニート

BISON I - 3.主砲の仮組み - モデルニート

BISON I - 4.足回りの組立て - モデルニート

BISON I - 5.履帯の組立て - モデルニート

BISON I - 6.主砲の搭載 - モデルニート

BISON I - 7.仕上げ - モデルニート

BISON I - 8.完成 - モデルニート