読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

首がつながったシュトルヒ

1/48 航空機 WW2 ドイツ航空機 タミヤ

sd.kfz.251 の資料を購入して先走ったりしていますがシュトルヒもアフターパーツで取り寄せたパーツをコックピットを組立てて機首部がようやく出来上がりました。

仮組み中に無くなったパーツはこいつ。

極小パーツという訳でもなくピンセットで飛ばしたわけでもなく足元に転がっただけなのにどこにいってしまったのだろう...

接着剤をこぼして曇らせてしまったコックピット前部パーツもアフターパーツで調達して塗装。

横のカバーが無いタイプを選択したので発動機部分が丸見えです。

翼と脚部分以外を残して胴体の組立てが終わりました。

未塗装の主翼部分を仮組みして完成後の姿をチェック。

主翼は塗装してから取付けようかと思いましたが主翼を差し込む時にけっこうギシアンするので取り付け時に変に力が入って破損させるのが怖いのでここで取付けて進める予定。



1/48 傑作機 No.100 1/48 フィーゼラー Fi156C シュトルヒ 61100

1/48 傑作機 No.100 1/48 フィーゼラー Fi156C シュトルヒ 61100

 

- 関連記事 -

そうだ、Fi-156 シュトルヒを作ろう!! - モデルニート

仮組みのシュトルヒ - モデルニート

首なしシュトルヒ - モデルニート

首なしシュトルヒ2 - モデルニート

首がつながったシュトルヒ - モデルニート

一を聞いて十をシュトルヒ - モデルニート

Fi-156 - 7.主翼の塗装 - - モデルニート

Fi-156 - 8.組立て完了 - モデルニート

Fi-156 - 9.デカール&スミ入れ - モデルニート

Fi-156 - 10.完成 - モデルニート