読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fi-156 - 10.完成

タミヤ 1/48 Fi-156 シュトルヒ完成〜

油彩でちょっと変化を付けたいんだけど週末の展示会に持ち込みたいのでシュトルヒの作業はここで一旦打ち止め。

ベースとフィギュアも付けたいのでその作業と一緒にやるという事で。

塗装パターンは所属部隊不詳の Fi-156 C-7 RR+KN 機。

ドイツ偵察機っぽい雰囲気が出るように塗装してみました。

正面から見るとまさにシュトルヒ(ドイツ語でコウノトリの意)って感じです。

普通の戦闘機には見られない支柱が四方八方に飛び出しているのがこの機体の魅力なのかも。

前縁スラットの隙間もセクシーです(適当

エンジン横のパネルが無いタイプを選択して作りました。

コックピット内も外から結構見えるので見せ場の一つです。

主翼根本のレバーは博物館の展示機の写真を参考に赤で塗装してみました。

- 関連記事 -

そうだ、Fi-156 シュトルヒを作ろう!! - モデルニート

仮組みのシュトルヒ - モデルニート

首なしシュトルヒ - モデルニート

首なしシュトルヒ2 - モデルニート

首がつながったシュトルヒ - モデルニート

一を聞いて十をシュトルヒ - モデルニート

Fi-156 - 7.主翼の塗装 - - モデルニート

Fi-156 - 8.組立て完了 - モデルニート

Fi-156 - 9.デカール&スミ入れ - モデルニート