Bf109 G-6(後期) - 5.シートベルトの組立て

コックピットの作業も最終段階、シートベルトを作ります。

キットにエッチングパーツ製のシートベルトが付いていますが紙創りのドイツ空軍機用シートベルトを使います。

布の部分は0.1mmと0.2mmの高強度紙。水性アクリル塗料での塗装が指定されていたのでタミヤ水性アクリルのバフで塗装。

金具の部分は0.25mmのファイバー紙、こちらはラッカー塗料が指定されていたのでMr.カラーの8番シルバー+フラットベースで塗装。

布の部分をバックルに通して折り曲げて接着を繰り返してシートベルト完成。

説明書を読んでいると大変面倒くさそうな感じでしたが実際に作ってみると紙なので折り曲げはエッチングパーツほど気を使わないし指定の接着剤のタミヤクラフトボンドの乾燥も早かったので思ったほどの面倒くささはありませんでした。

椅子の横に接着した伸ばしランナーに腹部ベルトの固定部分を通してシートベルト完成です。

肩部シートベルトは胴体側パーツに接着するのでまだ使いません。がまとめて勢いで作ってしまいました。

- 関連記事 -

Bf109 G-6(後期) - 1.製作開始 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 2.組立て-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 3.コックピットの組立て1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 4.コックピットの組立て2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 5.シートベルトの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 6.エンジンの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 7.胴体の貼合わせ - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 8.主翼の接着 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 9.付属品の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 10.主脚の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 11.塗装-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 12.塗装-2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 13.デカール - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 14.仕上げ - モデルニート