Bf109 G-6(後期) - 7.胴体の貼合わせ

コックピットの機体側の部分を組立てます。

左側はスロットルレバーと最上段の横の棒状パーツ(キャノピー投棄システムの一部?)くらいですね。

黄色がスロットルレバー、赤が燃料切り替えレバー、黒く塗った部分が床の方に取付けた操舵輪の注意書きです。

右側はスイッチパネル、酸素レギュレーター、燃料パイプなどが細かく別パーツ化されていました。

黄色が燃料パイプ、青が酸素レギュレーターです。ついでにスイッチパネルから右側に伸ばしランナーで配線を作ってみました。

先に作ったコックピット&エンジンパーツを挟み込んでようやく飛行機っぽくなってきました。

- 関連記事 -

Bf109 G-6(後期) - 1.製作開始 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 2.組立て-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 3.コックピットの組立て1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 4.コックピットの組立て2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 5.シートベルトの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 6.エンジンの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 7.胴体の貼合わせ - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 8.主翼の接着 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 9.付属品の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 10.主脚の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 11.塗装-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 12.塗装-2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 13.デカール - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 14.仕上げ - モデルニート