Bf109 G-6(後期) - 14.仕上げ

 

Bf109Gはデカール・スミ入れも終わったので細かなパーツを取付けて仕上げにかかりました。

主脚と尾輪を取付けて完成形の形に。このサイズになるとやはりメタル脚柱の方が安心かもしれませんね。

タイヤは別売りレジンタイヤを使用したのでさらに安定感に不安がある感じです。

 主翼下のマスバランスと下げ位置のフラップ(この状態しか選択できない)も取付け。

アンテナ線は伸ばしランナー、碍子はゼリー状の瞬間接着剤で表現してみました。

キャノピーの開位置制限ワイヤーも伸ばしランナーで作りました。

ガーランドパンツァーの防弾ガラスの内側が塗装できてなくて黄金聖衣みたいになっていますね(笑)

排気の汚れはウェザリングマスターのススであっさり目に。

機体はこれで完成ですが大きすぎて背景がどうしても映り込んでしまいます。

エンジン部はせっかく作ったので左カウリング部分だけ接着せずに取り外せるようにしてみました。

- 関連記事 -

Bf109 G-6(後期) - 1.製作開始 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 2.組立て-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 3.コックピットの組立て1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 4.コックピットの組立て2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 5.シートベルトの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 6.エンジンの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 7.胴体の貼合わせ - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 8.主翼の接着 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 9.付属品の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 10.主脚の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 11.塗装-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 12.塗装-2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 13.デカール - モデルニート