読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3号戦車H型(初期型) - 3.起動輪

1/35 AFV 3号戦車H型 WW2 ドイツ装甲車輌 ドラゴン/サイバーホビー

このキットを作り始めてすぐにG型まで使用されていた36cm用履帯の起動輪と付属の履帯(38cm)履帯があわなくて「あああああ」って発狂しましたがモデルカステンの可動履帯にドライブスプロケットのパーツが付属していたので元のモールドを削り取って接着してみました。

3号戦車H型(初期型) - 1.製作開始 - モデルニート

少しキツ目ですが36cm履帯用起動輪に40cm履帯がハマるようになりました。

実車でも3号戦車H型から採用された新型起動輪の生産が間に合わず旧型起動輪にスペーサーをかましてスプロケットの幅を38〜40cm履帯用に合わせて広くしたそうなので図らずとも本物と同じような構造で旧型起動輪に40cm履帯に合わせることが出来ました。

- 関連記事 -

3号戦車H型(初期型) - 1.製作開始 - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 2.履帯の組立て - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 3.起動輪 - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 4.足回り - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 5.車体の組立て - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 6.砲塔の組立て - モデルニート