読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3号戦車H型(初期型) - 6.砲塔の組立て

1/35 AFV 3号戦車H型 WW2 ドイツ装甲車輌 ドラゴン/サイバーホビー

三号戦車もD.520の作業待ちの合間に砲塔の組立てに取り掛かりました。

砲尾部分は再現されているのですが両脇の照準器と同軸機銃のパーツは付いていませんでした(惜しい

砲塔内はガイアノーツのサーフェイサーエヴォが車内色っぽい色になったので塗装はそれで済ませました。

キューポラも監視孔パーツで2×5個もあるので面倒くさいな感じでしたがパーツの合いが良かったので思ったより簡単に組み上がりました。

久しぶりに作った戦車砲塔が50mm砲L42で迫力がない(笑)

そろそろ長砲身75mm砲や88mm砲に手を出したいところですね。

室内は両脇の監視孔も開状態にしてみましたがこれに戦車兵もつけるのであんまり見えなさそうですね。

戦車兵はミニアートのドイツ戦車兵セットを載せる予定ですが上半身と下半身の合いはあまりよくありませんね。

離型剤のせいなのかパーツ箱に入れていると変な匂いもしますしクレオスのMr.セメントS(流し込み)ですぐにくっつかない事にも少しビックリしました。

フィギュアはそのままだと砲塔と腕の位置が合わないのでD.520の塗装が終わったらポーズ調整作業に挑戦です。

- 関連記事 -

3号戦車H型(初期型) - 1.製作開始 - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 2.履帯の組立て - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 3.起動輪 - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 4.足回り - モデルニート

3号戦車H型(初期型) - 5.車体の組立て - モデルニート