読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BISON I - 6.主砲の搭載

WW2 ドイツ装甲車輌 アランホビー 1/35 AFV

履帯も組み付けたので主砲の搭載に進みます。

主砲の15cm重歩兵砲 sIG33 は別進行で組立て・塗装・スミ入れまで終わってあとは搭載するだけという状態になってました。

装甲板も塗装してスミ入れまで終わらせてます。

機関室上面も主砲が載るとスミ入れでき無さそうなので先にやってしまいます。

今までの経験ですんなり行くはずがないというのは分かっているつもりでしたがやっぱりすんなり行きませんでした。

砲の後尾と車体につく横長の板状のパーツと砲の車輪受けから伸びてくる棒状のパーツの長さが合わなくて片方に合わせると片方が合わないという状態になりました。

完全な形にするのは諦めて車輪受けから伸びてくる棒状パーツの接着部分を半分ずらして砲搭載にしました。

装甲板を接着して形的には完成となりました。

ここまで二度の中断を挟んだりして長かったですかなんとか完成させられそうなところまで辿りつけました。

- 関連記事 -

BISON I - 1.操縦席の組立て - モデルニート

BISON I - 2.操縦席の組立て2 - モデルニート

BISON I - 3.主砲の仮組み - モデルニート

BISON I - 4.足回りの組立て - モデルニート

BISON I - 5.履帯の組立て - モデルニート

BISON I - 6.主砲の搭載 - モデルニート

BISON I - 7.仕上げ - モデルニート

BISON I - 8.完成 - モデルニート