読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BISON I - 1.操縦席の組立て

WW2 ドイツ装甲車輌 1/35 AFV アランホビー

2013年の9月に購入して以来積んでいたアランホビーのBISON Iの作成を開始しました。

1号自走重歩兵砲にBISON Iっていうのはタミヤロンメル戦車みたいなもんだと思っていたけど英語のwikipediaのページに「sometimes reffered to as the Sturmpanzer I Bison」って書いてありました。注釈のページにはつながらなかったけど(笑

15 cm sIG 33 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf B - Wikipedia, the free encyclopedia

海外のキットは離型剤が残っているかもしれないとの事だったのでまずは中性洗剤で洗いましたがもう少し暖かい時期にやっておけばよかった。

手順は2番になっていますが操縦席を先に作らないとシャシーが完成しないので先にこちらを作ります。

つや消し白で塗装した後にスミ入れ専用塗料ダークブラウンでウォッシングして操縦席完成。それにしても操縦レバー等のダボ穴で接着する部分が今のところ全然合いません┐(´ー`)┌

完成したらどれくらい見えるんだろうか。

操縦席完成したところでさっそくトラップ発動。シャシーに接着するL型のパーツを先に取り付けたら操縦席がはまらなかったり(汗。エナメルシンナーを塗って外して今度は操縦席側に取付けてみたけどそれにしてもすんなりとシャシーにははまらない模様(笑

このままガンガン作りたいと思ったけどやっぱり資料が欲しくなったのでちょっと作業中断するかも...。

- 関連記事 -

BISON I - 1.操縦席の組立て - モデルニート

BISON I - 2.操縦席の組立て2 - モデルニート

BISON I - 3.主砲の仮組み - モデルニート

BISON I - 4.足回りの組立て - モデルニート

BISON I - 5.履帯の組立て - モデルニート

BISON I - 6.主砲の搭載 - モデルニート

BISON I - 7.仕上げ - モデルニート

BISON I - 8.完成 - モデルニート