読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BISON I - 7.仕上げ

1号自走重歩兵砲は主砲も搭載して装甲板も接着したのでウェザリングなど仕上げ作業に入っていきます。

前から工作してあった砲口カバーも取り付けに進みます。

車体をベースにボルトで固定したので伸ばしランナーで作ったアンテナも接着します。

ウェザリングマスターBセットのサビでマフラーカバーを錆びた感じにしました。


軌道輪の歯の部分や塗装が剥げそうな部分に鉛筆チッピングでテカリを入れました。

これは戦車模型低級技術指南の影響。

戦車模型低級技術指南: やりたくないことしないで作る面白いだけのプラモデル技法書

ウェザリングマスターAセットのライトサンドで転輪部や装甲板の下の方を土汚れを表現しました。

車体が暗いのでサンドだとちょっと黄色くなりすぎる感じだったのでライトサンドを使いました。

養生用に貼っていたマスキングテープを剥がして完成です。

アンテナは長すぎてケースに収まらなかったので穴を開けるは目になりました<重ねられなくなってしまった...

- 関連記事 -

BISON I - 1.操縦席の組立て - モデルニート

BISON I - 2.操縦席の組立て2 - モデルニート

BISON I - 3.主砲の仮組み - モデルニート

BISON I - 4.足回りの組立て - モデルニート

BISON I - 5.履帯の組立て - モデルニート

BISON I - 6.主砲の搭載 - モデルニート

BISON I - 7.仕上げ - モデルニート

BISON I - 8.完成 - モデルニート