読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33B突撃歩兵砲 - 5.フィギュアの組立て

キット自体にフィギュアは付属していないのでタミヤの35MMのヴェスペ付属のフィギュアを合わせることにしました。

1996年か97年製ですが顔のモールドは凄いと思いました(比較出来る新しめのキットが無いのですが)。

ポケットに手を突っ込んでいる兵士はお尻を少し削って戦車長ハッチの所に座らせることにしました。

頭部はまだ接着していませんが寒がっている感じが出ているのではないでしょうか。

コート姿の兵士は当初は使わない予定だったのですがやはり二人揃っていた方が良いかなということで少し改造して使う事にしました。

コートの裏側が平面なのでエッチングソーで足を切断。

ペラペラで不安だったのですがなかなかの切れ味で十分満足しました。

クラフトツールシリーズ No.105 精密ノコギリIII (カット用) 74105

クラフトツールシリーズ No.105 精密ノコギリIII (カット用) 74105

 

コートの内側に切り離した足を接着するためのプラ板を設置。

プラ板部分にそのまま接着でも良かったのですが1mm真鍮線で補強しました。

かなり短足になってしまいましたが改造終了です。

車体にはこんな感じで配置します。

全体を見ると上半身と下半身の長さのバランスが悪いかもしれない(笑)

- 関連記事 -

33B突撃歩兵砲 - 1.製作開始 - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 2.組立て - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 3.履帯の組立て - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 4.戦闘室の組立て - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 5.フィギュアの組立て - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 6.車体の塗装 - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 7.車体の塗装2 - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 8.ウェザリング - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 9.ウェザリング2 - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 10.フィギュアの塗装 - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 11.フィギュアの塗装2 - モデルニート

33B突撃歩兵砲 - 12.完成 - モデルニート