読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bf109 G-6(後期) - 4.コックピットの組立て2

飛行機モデラーさんのアドバイスを参考に照準器のデティールアップを行ってみました。

反射ガラスとサンフィルターにする部分を透明なシート(今回は手貼りラミフィルムを使用)から切り出し。

照準器パーツにエッチングソーで薄く切れ目を透明パーツを差し込み更に固まると透明になるアクアリンカーで固定。

完全に平行にはなっていませんが実物は4×3mmなのでちゃんと見られなければ大丈夫でしょう(笑)

計器盤に取り付けるついでに照準器の電源ソケットの位置が分かったので伸ばしランナーで配線加工してみました。

向きによってはカメラで接写しても見えないので気づく人はいないでしょうね(笑)

- 関連記事 -

Bf109 G-6(後期) - 1.製作開始 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 2.組立て-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 3.コックピットの組立て1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 4.コックピットの組立て2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 5.シートベルトの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 6.エンジンの組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 7.胴体の貼合わせ - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 8.主翼の接着 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 9.付属品の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 10.主脚の組立て - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 11.塗装-1 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 12.塗装-2 - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 13.デカール - モデルニート

Bf109 G-6(後期) - 14.仕上げ - モデルニート