読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fw190A-8 - 2.機体の組み立て

エアフィックスの 1/72 Fw190A-8 はコックピット作成に続いて機体の組立てに進みます。

機体の組み立てと同時に後回しにすると面倒な小物も先に塗装してしまいました。今回は飛行状態で作るので主脚の塗装が楽です。

機体パーツはエンジンのカウリング(先端の輪の部分)に段差ができたり機首の機銃パネルがうまく合わなかったりと部分的に調整が必要な箇所あり。

カウリング真下に出ている排気管2本と主脚収納庫内を貫通する機関砲の銃身が別パーツになっているのでなかなか精密感が高いです(完成すると見えにくくなるし今回は主脚を閉じるので結局見えなくなるのですが

胴体と主翼はコックピットのバスタブが少し干渉したけれど強くはめれば後は流し込み接着剤で固定出来るレベルでした。プロペラはカウリング裏から留める方式ですが段差消しのために接着してしまったので機体塗装前に取り付ける事になりました(機体の塗装中に筆のミスタッチで汚れなければ良いですが...

 

エアフィックス01020  1/72 フォッケウルフ Fw190A-8

エアフィックス01020  1/72 フォッケウルフ Fw190A-8

 

 - 関連記事 -

Fw190A-8 - 1.コックピット作成 - モデルニート

Fw190A-8 - 2.機体の組み立て - モデルニート

Fw190A-8 - 3.機体の塗装 - モデルニート

Fw190A-8 - 4.デカール&スミ入れ - モデルニート

Fw190A-8 - 5.完成 - モデルニート