読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

首なしシュトルヒ2

1/48 航空機 タミヤ WW2 ドイツ航空機

脚柱のパーツを取り付けてしまうと窓枠と胴体側面の塗装が面倒になりそうだったので胴体の塗装を開始。

塗装はダークグリーンとブラックグリーンの偵察機っぽいスプリッター迷彩を選択しました。

塗料はMr.カラーの17番RLM71ダークグリーンと18番RLM70ブラックグリーンに122番のRLM82ライトグリーンを少し混色して気持ち明るめに調色。

脚柱パーツを取付けてあとは機首部の組立てをすれば胴体はほぼ完成なのですがコックピット前面のクリアパーツの内側についうっかり接着剤をたらしてしまって...orz

被弾痕としてごまかしてもいいのだけどせっかくなので風防もアフターパーツで発注。

機首部の組立てはクリアパーツの到着までお預けになってしまった。



1/48 傑作機 No.100 1/48 フィーゼラー Fi156C シュトルヒ 61100

1/48 傑作機 No.100 1/48 フィーゼラー Fi156C シュトルヒ 61100

 

- 関連記事 -

そうだ、Fi-156 シュトルヒを作ろう!! - モデルニート

仮組みのシュトルヒ - モデルニート

首なしシュトルヒ - モデルニート

首なしシュトルヒ2 - モデルニート

首がつながったシュトルヒ - モデルニート

一を聞いて十をシュトルヒ - モデルニート

Fi-156 - 7.主翼の塗装 - - モデルニート

Fi-156 - 8.組立て完了 - モデルニート

Fi-156 - 9.デカール&スミ入れ - モデルニート

Fi-156 - 10.完成 - モデルニート