読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 6.仕上げ2

WW2 ドイツ航空機 1/48 航空機 タミヤ

ジオラマのベースを作り始める前に仕上げ工程というか残り作業を実施。

マスキングテープでシートベルトの残りを作成。

アクアリンカーで座席と機体の隙間に接着。不時着時に慌てて外した感じを出したくて座席上部に伸ばしてみましたがこうなったとか考証とかは全然してません(笑)

キャノピーをかぶせるとこんな感じ。少し幅広で厚さは薄すぎましたかね。

短くした尾輪も接着しましたが写真を見るともう少し短くしないといけなかったですね。実際は尾輪の上1/3〜1/4くらいが機体側に入り込んでいるようです。

被弾跡。鉄十字の下になってしまったところは場所が分からなくなって焦りましたが加工時の写真で位置を判別することができて撮ってて良かったという感じです。

しかし、これも写真を見ると金属部分と焼けた部分が逆だったので修正しなければなりません...メモしていたけど読んでいなかった仕事あるあるになってしまいました。

 - 関連記事 - 

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 1.コックピットの作成 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 2.機体の改造 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 3.機体の組立て - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 4.機体の塗装 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 5.仕上げ1 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 6.仕上げ2 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 7.仕上げ3 - モデルニート

フォッケウルフ Fw190 D-9 - 8.完成 - モデルニート

1/48 傑作機 No.41 1/48 フォッケウルフ Fw190 Dー9 61041

1/48 傑作機 No.41 1/48 フォッケウルフ Fw190 Dー9 61041